このぬいぐるみはテディベアデザイナーであるAnnette Rauchさんによるデザインのテディベアです。ドイツ・バートケーセン(Bad Koesen)の地で一体一体手作業で丁寧に作られています。

生地にはアルパカを使用。刺繍糸が虹色なのは、世界中の文化に対する多様性の象徴で、寛容・希望・憧憬をあらわすものだそうです。

首・腕・脚の付け根部分は可動。